Zoom飲み会

【Zoom飲み会】初心者が押さえるべき8つの注意点

お悩みぱんだ
お悩みぱんだ
友人から、「Zoom飲み会やらないか?」と誘われたけど、よくわからないな。
失敗したくないし、注意点とか、教えて欲しいな…

本記事では、そんなZoom飲み会へ初めて参加する人が知っておきたい注意点を8つ、まとめました。いきなりですが、8つの注意点は以下の図の通りです!

それぞれの理由やもっと深く知りたいという人は、さらに読み進めてくださいね!

注意点①通信容量~仕様面~

驚きぱんだ.png
驚きぱんだ.png
げげ∑@( ̄□ ̄;)@
今月の通信容量、もうこんなに!
そういえば、Zoom飲み会も動画だよな?
時間もスゲー長いし…。
あれ?通信容量ヤバイんじゃね?

1時間で約300MB程度。3時間では1GB弱なので、WIFIは必須です!

これは、実際に計測した方がいて、1時間24分で468MBであったそうです。
詳しい接続状況は公開されていませんでしたが、おおまかな数字としては参考になると思います。
気になる方は、こちらの記事をチェックしてみて下さい。

注意点②マイクとカメラが必要~仕様面~

おとぼけぱんだ
おとぼけぱんだ
スマホで参加しようと思うのだけど大丈夫だよね?
カメラ付いてるし…。

スマホやノートPCがあれば十分。
デスクトップPCではマイクとカメラが必要

マイクとカメラが付いていれば大丈夫です。スマホは勿論ですが、多くのノートPCにもついていますので、心配いりません。でも、デスクトップPCは、付いていないことが多いので別に準備する必要があります。

ただし、スマホだと画面が小さいので表情が良く見えません。
タブレットやモニターで映し出すためにPCでの接続がおすすめです!

ちょっと高度なテクニックですが、iPhoneの画面をパソコンモニターに映す「ミラーリング」とう方法があります。無料ですぐに設定することができますので、興味がある方はこちらの記事を参考にしてください。

注意点③制限時間~仕様面~

無料版では40分の時間制限があります。
ただで延長したければ、入りなおす必要がでてきます。
そんなのやってられん (`A´) という方は、有料版(月2,000円)で無制限にできます。

ただし、1対1であれば、時間制限はありませんが、あまり使う機会はないと思います。

悲しみぱんだ
悲しみぱんだ
40分って、結構短いな…。
skypeやLINEのビデオ通話であれば、無料で無制限なのに。
でも設定が面倒だったり、ラグがあるっていうしなぁ。
お金ないし、ちょっと手間だけど、入りなおします。。。

注意点④セキュリティ~仕様面~

疑問ぱんだ
疑問ぱんだ
以前ニュースで、「知らない人がいきなり会議に入ってくることがある」って聞いたことがあるな…。
Zoom爆撃だっけ?
セキュリティは大丈夫なのかな?

すでにZoom爆撃は、対策済みです。
しかし、どんなサービスでも一定のリスクは付きものです。
最終的には、「利便性とセキュリティのどちらを重視するか」個人での判断が必要!

対策の具体例は、「会議のパスワード設定」や、「待機室を設けて入室を許可制にする」などです。当たり前ですが、入室用のURLなどはしっかりと管理しましょう。

もっと詳しく知りたい人は、Zoomお偉いさんのインタビュー記事がありますので、こちらを参照してみてはいかがでしょうか。

注意点⑤入室方法~操作面~

気合ぱんだ
気合ぱんだ
よしっ( ・`ω・´)キリッ やってみよう!
参加する具体的な方法が知りたいな!

詳しくは別記事にて画像付きで紹介していますので、ここでは手順の要点を説明します。
とくに、IT機器に苦手意識のある人は、事前に入室方法を確認しておきましょう。
乾杯が遅れたり、途中参加の人がやり方が分からないとなると、会話が止まってしまい興ざめですよ!

【スマホで参加】
① 送られてきたURLへアクセス
② ビデオ付きで参加をタップ
③ ホスト側:ミーティング参加への許可
④ インターネットを使用した通話をタップ

【PCで参加】
① 送られてきたURLへアクセス

② Zoom Meetingを開く
③ 名前を入力して、ミーティングに参加を選択
④ ホスト側:ミーティング参加への許可
⑤ コンピューターでオーディオに参加を選択

注意点⑥プライバシー~操作面~

おとぼけぱんだ
おとぼけぱんだ
初心者がやってしまいがちな失敗談とかあれば、教えて欲しいな。

スマホで参加している人は、トイレへの持ち込みは避けましょう。
自分も恥ずかしいですが、周りも困ります(笑)

冗談のように聞こえますが、常にスマホを持ち歩いている人は、やりがちなミスです。
特に、アルコールも入っていますので、ついいつもの習慣で持ち込んでしまう人がいますので、要注意です。
もし、怪しい動きをしている人がいたら、ホストへ連絡して映像と音声を切ってもらいましょう。

注意点⑦話題ぎれ~会話面~

疑問ぱんだ
疑問ぱんだ
オンラインとリアルでの飲み会の会話の違いって、何なんだろう?
「こうした方がいいよ」とかアドバイスがあれば教えて欲しいな。

同時に複数人で話すことはできないので、全員でひとつの話題となります。
たびたび発生する話題ぎれに備えて、会話のきっかけ(ネタ)を準備しておくのが、おすすめです!

リアルでの飲み会では正面の人や横の人とだったり、いろいろな話を複数個所でしていますよね。なので、話題がひと段落しても、隣の会話に混ぜてもらうことができるため、沈黙の時間は少ないと思います。

しかし、オンライン飲み会では、同時に2人以上の人が話し出すと訳が分からなくなってしまいます。なので、自然と全員でひとつの話題となります。その結果、その話題がひと段落すると沈黙の時間が訪れますので、いくつがネタを準備しておくとスムーズに進むでしょう。

それと、まだ酔いが回っていない時は会話に集中されるので、少し緊張するかもです。落ちのある鉄板ネタを準備しておくと心強いですね!

注意点⑧飲みすぎ~飲食面~

前進ぱんだ
前進ぱんだ
オンライン飲み会だとお店で買うよりもずっと安く済むからお得だよね!
それに、帰りの心配もしなくて済むから、最高だ~。

低予算でできるため、たくさん買いすぎて、つい飲みすぎてしまいがちです。
リラックスしているので、いつもよりも酔いが回るスピードが早くなるので、注意しましょう!

外食するとジョッキ1杯600円とかしますが、スーパーで買えば200円以下で経済的ですよね。でも、あなたのアルコール耐性が上がるわけではないので、飲める量は変わりません。安いからといって、飲みすぎると後々、後悔しますよ。

また、リアルでの飲み会では注文してから届くまでの時間があったり、終電の時間を気にしたりしますよね。オンライン飲み会では、テーブルの上に飲み物をひと通り準備していたり、酔っぱらったとしても自宅であるという安心感から、ハイペースになりがちです。リラックスしている分、酔いの回りも早くなりますので、注意して下さいね。

まとめ

Zoomを使ったオンライン飲み会にて、初心者が押さえるべき8つの注意点を紹介しました。まとめると、以下のようになります。

Zoom飲み会の初心者が押さえるべき8つの注意点

① 通信容量が大きいためWIFIで繋ぐ
② マイクとカメラが必要なのでデスクトップPCの人は注意
③ 無料版では40分の制限時間がある
④ セキュリティ対策として、入室用URLはしっかりと管理
⑤ 事前に入室方法を確認しておくとスムーズ
⑥ トイレにスマホは持ち込まない
⑦ 話題ぎれに対して、いくつかネタを準備しておこう
⑧ 飲みすぎに注意

以上の注意点を頭に入れて、楽しいZoom飲み会をしましょう!

☆おわり☆