ビデオ通話

【スマホを代用】ZoomにWebカメラなしパソコンを使う方法:画像付きで解説

【スマホを代用】ZoomにWebカメラなしパソコンを使う方法:画像付き解説
疑問ぱんだ
疑問ぱんだ
Zoomを使いたいけど、パソコンにカメラが付いてないんだよな。
今から買いに行くのも億劫だし、お金もかかるなぁ…。
スマホにカメラが付いているんだから、これを活用する方法があれば知りたいな。

みなさんも、こんな疑問を思いませんでしたか?
まずは結論からですが、それを解決する方法。。。『あるよ!(by田中要次©HERO)

~このブログを読むメリット~

  • スマホカメラをパソコンのZoomで使う方法がわかる
  • 面倒くさい設定を画像付きで完全解説!
  • 無料でできる!
  • 邪魔なケーブルは一切不要
  • 楽しく理解できる ←ここ重要!

「早速、方法を紹介しまs…」と行きたいところですが、スマホカメラをパソコンで使うとしても2通りあります。みなさんが「こう、使いたいんだ!」というケースに該当するのか判断してもらうためにも、まずは、概要を説明させてもらいます。

【概要】スマホカメラをパソコンで使うまでの流れ

イライラぱんだ
イライラぱんだ
スマホカメラの使い方が2通りある?
よく分かんねぇゃ(`皿´)ウゼー
俺のパソコンはマイク機能は付いているけど、カメラがないからスマホを使いたいんだよ!

設定方法は2通り:目的ごとに使い分けよう!

いきなり結論をいいますと、2つの設定方法の見分け方は次の通りです。

① パソコンにマイク機能がある → スマホのWebカメラ化
② パソコンにマイク機能がない → スマホ画面のミラーリング

初めて聞くワードがでてきた人もいると思いますので、解説します。

①スマホのWebカメラ化

Webカメラとは、「撮影した映像をリアルタイムにインターネットへ接続できるカメラの事」です。具体的には、ノートパソコンの中央上らへんに付いているやつです。スマホのWebカメラ化とは、そのカメラの代わりにスマホを使うという事です。

つまり、スマホのカメラをあたかも、パソコンに付属しているかのように設定することができます。パソコンでZoomを使っているときは、普通のカメラのように認識させることができます。したがって、Zoomに付属している機能によって、背景を変更することが可能です

②スマホ画面のミラーリング

ミラーリングとは、「スマホの画面をパソコンモニターなど他のデバイスへ、リアルタイムで映す事」です。Webカメラとの最大の違いは、単純に映すだけという事です。したがって、Zoomによる背景変更はできません。もっと言うならば、音声もとどける事ができません。Zoom設定をパソコンでしても声を届けることができないため、Zoomはスマホで設定することになります

まとめると、以下の通りです。

パソコンのマイク機能 設定方法 Zoomの接続は
あり スマホのWebカメラ化 パソコン
なし スマホ画面のミラーリング スマホ

本ブログでは、スマホのWebカメラ化の方法を紹介します。パソコンにマイク機能が付いていない場合は、ミラーリングの設定が必要になりますので、これ以降の情報は必要ありません。

えぇ!?そんな。 !?(゚〇゚;)マ、マジ.

「大丈夫です。安心して下さい!」

そんな方のために、このブログ「ぱんだ」では、ミラーリングの方法をこちらの記事で詳しく解説しています。是非、参考にしてください!!

パソコンにスマホカメラを接続するまでに必要な工程

それでは、スマホのWebカメラ化をするための手順を紹介します。

① パソコンに専用ソフトをインストールする
② スマホに専用アプリを入れる
③ スマホ撮影の映像が、パソコンにリアルタイム反映される
④ パソコンでZoomに接続する

この流れになりますので、一緒に設定していきましょう!!

【このアプリで十分!】iVCam:無料です

初めてぱんだ
初めてぱんだ
あれ?
「専用ソフト」とか「専用アプリ」って何だろう?

これは「iVCam」の事です。他のアプリもありまして、こちらのサイトやこちらのサイトで紹介されています。しかし、必要な条件を満たすのは「iVCam」だけでした。まずは、iVCamのメリットを見てみると、こんな感じです。

① 無料
② iPhone&Android対応
③ イン/アウトカメラ切り替え
④ ワイヤレス接続ができる
⑤ 美肌補正ができる

①無料、②iPhone&Android対応、③イン/アウトカメラ切り替えができるアプリとなると、「iVCam」にしぼられます。ワイヤレス接続や美肌補正ができる点もポイント高いですよね

もちろん、以下のようなデメリットはあるものの、許容の範囲内かと私は思いました。

① 左上に小さく「iVCam」とすかしが入る:無料版
② ワイヤレス接続時は、パソコンとスマホが同じWiFiに入る必要あり
③ Macに対応していない

人によってはMac非対応が致命的な場合がありますが、その場合は、先ほどのリンクから他のアプリを探してみて下さい。

iVCamの設定方法:画像付きで完全解説!!

気合ぱんだ
気合ぱんだ
それでは、いよいよ設定だな。
初心者のおいらにも分かるよう、解説よろしく!

まずはパソコン側の設定から

はじめに、こちらのサイトへアクセスして、左下の「Download for Windows」をクリックしましょう。

iVCamホームページすると、以下のようなポップアップがでてきますので、「実行」を選択

実行を選択使用言語は「日本語」を選択。インストール先やスタートメニュー、追加タスクなどいろいろと問われますが、特にこだわりがなければ「次へ」を選択していけばOKです。

言語の確認など「インストール準備完了」の画面がでたら「インストール」を選択し、しばらく待つと完了します。「iVCam.exeの実行」にチェックを入れた状態で、「完了」を押しましょう

インストール確認すると、以下の画面が立ち上がりますので、パソコン側の設定は完了です。次は、スマホへアプリのインストールになりますので、右下のQRコードからアクセスすると楽ですよ

5iVCamの起動

つぎにスマホの設定

先ほどのQRコードが読めない場合は、iPhoneの方は「App Store」、Androidであれば「Playストア」から「iVCam」を検索して、「iVCamコンピュータカメラ」というアプリをインストールしましょう。

アプリのインストール「APP内課金があります」と表示されますが、先に進んで大丈夫です。これは、あくまでもお知らせであって、有料版へのアップデートはインストール後に、希望する人だけ申し込む形です。無料で十分使えると思いますので、私はしていません。

つぎに、「iVCamは通知を送信します。よろしいですか?」と聞かれますので、「許可」を選択します。インストール完了して起動パソコンとスマホが同じWiFi上にあれば、こちらのような画面が表示されますので、OKです。パソコンが見つからない場合は、赤文字でエラー画面が表示されます。もし、エラーがでるようであれば、適切に対処する必要がありますので、本ブログの後半にあるエラー対処を参考にして下さい

パソコンが見つかる画面の中央下にある「▶」をタップすると、アプリからのカメラとマイクへのアクセス許可を回答する画面になります。両方とも「OK」を選択しましょう。すると、このようにスマホのカメラの映像が、パソコン上に表示されます。

ちなみに、左上の「iVCam」は無料版では表示されてしまいますが、どうしても気になる方は有料版へ変更することで、削除できます。私はこのままでも気にならないので、無料版で使っています。

Webカメラとして認識

最後にZoomへつなごう!

ここまで来れば、もうゴールは目の前です。いつも通り、パソコンからZoomへ接続しましょう。スマホで撮影している映像が、Zoom画面に表示されていると思います。

もし表示されていない場合は、「ビデオの開始(画像では「ビデオの停止」になっている個所)」横の「^」をクリックして、「e2eSoft iVCam」を選択し、チェックを入れましょう。「iVCam」で映っている映像がZoomでも、表示されるはずです。

Zoom画面なお、Zoomのつなぎ方が分からなくなってしまった方は、こちらの記事でも紹介していますので、参考にしてください。

【エラー発生!?】主な原因はこの2つ

驚きぱんだ.png
驚きぱんだ.png
(-д-;)げっ!
何かエラー出てる。どうしよう!?

スマホの画面をパソコンに表示できない場合は、だいたいこの2つが原因です。エラー画面に表示されている赤文字の内容から、適切な対処をしましょう。

①WiFi設定をチェック

以下のように、エラー画面に「iVCamには、Wi-FiまたはUSBがコンピュータに接続す…」と出ているときは、WiFiの設定が間違えています

WIFI設定が間違えているパソコンと同じWiFiにスマホもつなぐ必要がありますので、設定を確認しましょう。よくある間違いとして、スマホの受信がWiFiではなくキャリア通信になっている事があります。画面を下から上にスワイプして、電波のようなマークをタップしましょう。

WIFi設定の修正どうしてもダメな場合の最終手段として、パソコンにUSBケーブルで接続する方法があります。邪魔くさくて移動も制限されますが、最低限は使えるようになります。

②セキュリティ(ファイアウォール)設定を見直そう

2つ目は「Attempt to connect to host timed out」と表示されている場合の対処についてです。この場合は、パソコン側のセキュリティ「ファイアウォール」によって、接続がブロックされているケースが考えられます

ファイアウォールエラー

まずは、コントロールパネルを開きます(タスクバー左に「コントロールパネル」と入力すれば出てきます)。「システムとセキュリティ」→「Windows Defender ファイアウォール」と選択していきましょう

コントロールパネルすると、以下のような画面が表示されます。画面左にある「Windows Defender ファイアウォールの有効化または無効化」を選択します

ファイアウォール設定

ファイアウォールを無効化したいので、「Windows Defender ファイアウォールを無効にする(推奨されません)」にチェックを入れて、右下の「OK」を押します

ファイアウォールの無効化すると以下のような画面になります。これで、もう一度「iVCam」アプリを操作してみましょう。スマホカメラの映像がパソコンに取り込まれていると思います。

無効化が完了

Zoomでの操作が完了し、iVCamを立ち下げた後は、必ずこの逆の操作をしてファイアウォールを有効化して下さい。つい、無効化したまま作業しがちですので、注意が必要です。

【iVCam使ってみた!】操作はとてもシンプル

お願いぱんだ
お願いぱんだ
ようやくZoomで使えるようになった!
iVCamの機能ってどんなのがあるのだろう?
初心者が知っておけば良いものを教えて下さい。

直感でいける!?念のためiVCamの機能を紹介

スマホに表示されているiVCamの画面にて、右上に表示されているアイコンですが、以下のような機能になります。

電波強度 無線接続の強さを確認
ライト設定 スマホライトの強度を変更
5段階+消灯の設定が可能
美肌補正 美肌補正
左右反転 左右の反転
カメラ切り替え インカメラとアウトカメラの切り替え
閉じる アプリの終了

「無線の強度」マークをタップすると、強度に応じて以下のような画面が表示されます。ルーターから離れたところへスマホを持っていくときは、チェックしてみましょう。

無線強度の確認

 

画面の右下にも3つのアイコンがありまして、それぞれの機能はこの通りです。

詳細設定 オプションセットアップ
細かな設定や有料版への申し込み
写真撮影 写真撮影
動画撮影 動画撮影

なお、写真と動画撮影とも、スマホではなくパソコン側に保存されますよ。

iVCamの詳細設定:興味がある場合にチェック

「カート」マークをタップすると、オプションセットアップ(詳細設定)が開きます。ここでは、サイズやフレームレート、画質などを変更することができます。有料の機能もありますので、使いたい場合は、完全版の購入(\1,220)が必要になります。

なお、オーディオを有効にするとスマホのマイクを通して、パソコン側へ音声を送ることができます。しかし、Zoomにはマイクとして認識されません。パソコンにマイクが付いていない場合は、スマホからZoomへつないで、ミラーリングする必要があります。

オプションセットアップなお、「サイズ」、「フレームレート」、「画質」は以下の設定がありますよ。

サイズ設定など画質を変更して使ってみましたが、トライアル期間をすぎると「640*480」へ機能制限がかかるようです。画質を上げたいという方は、お好みに応じてどうぞ。

広告
スポンサーリンク

まとめ

スマホカメラをパソコンで使う方法として、スマホのWebカメラ化の手順を紹介しました。iVCamの無料版では機能制限こそあるものの、ちょっと友人とZoomしたいという人など、ライトユーザーでは十分かと思います。

また、気になる人も多いかもしれませんが通信量はやや多くなります。こちらの記事で詳しく検証しましたので、是非、チェックしてみて下さい!

☆おわり☆